RICE475が11年目の新米収穫!今年からは新展開!

美味しいお米を作り、農家の価値を高めたい。
作り方の次は・・・

 

新潟県南魚沼の米屋4代目・覺張 雄介さんと農家5代目・山本 克幸さんの想いに共鳴する形でスタートした「RICE475」プロジェクトも、今年で11年目を迎え、10月中旬から予約いただいた方に配送を開始いたしました。

RICE475プロジェクトのテーマは“コミュニケーション”。生産者の想いを可視化し、その物語を伝えることをミッションにスタートしました。REBIRTH PROJECTでは、田植え、草取り、収穫祭をイベント化し、一般の参加者を集い、生産から流通までサポートし、消費者にも出来上がるまでの過程を体験してもらうコミュニケーションの場を大事にしてきました。

もちろん、作り方にもこだわりがあります。

 

モチモチ、冷めても美味しい減農薬/無農薬無化成肥料栽培(*1)の魚沼産コシヒカリ

農薬・化成肥料を使用せず、自家製の有機肥料と数種類の天然ミネラルを使用し、食味を上げる為にあえて収穫量を抑え、手間を掛け、丹精込めて栽培しています。お米の香りやおいしさをギュッと閉じ込めるために、実は、注文をいただいてから精米しているのもこだわりポイントです!

他のコシヒカリと比べ、さらにモチモチ感と甘みが強く、印象深い味に仕上がっています。香り高く、冷めても美味しいのが特徴なので、おむすびやお弁当にもぴったりです。

*1:減農薬無化成肥料栽培米とは、農薬を当地比8割以上減・化成肥料を一切使用せずに栽培したお米です。

▼RICE475の商品詳細はコチラ
https://rebirthproject-store.jp/

 

メンズファッションプロデューサー MBさんにVoicyチャンネルでご紹介いただきました!

MBさんが9月8日に公開したVoicyチャンネル「MBのもっと幸せに働こう」‼︎にて、「これ知らないと人生ソンしてる⁉️MBが買って良かったもの3選」というテーマでRICE475をご紹介いただきました。

「おかず要らず、ご飯だけで2杯は余裕で食べられる」「炊き立ては甘さがある。梅干しも明太子も要らない。」「人生史上、普段食べているお米との味の違いに一番びっくりした経験。」などの感想とともに、農家が無農薬米の生産に取り組む上でのハードルや、高価格帯になってしまう理由をご紹介いただきました。

■放送概要
Voicyチャンネル:「MBのもっと幸せに働こう」‼︎
URL:https://voicy.jp/channel/1723/199808
日時:9月8日(水)
テーマ:「これ知らないと人生ソンしてる⁉️MBが買って良かったもの3選」
Chapter4.「同じ米でもこんなに違うの!?」

 

お客様の嬉しい生の声

東京都在住の30代主婦の方から、家族の朝ごはんにRICE475を活用した感想をいただきました。

「今まで糠に農薬が残っていることが気になり、玄米を避けていたのですが、RICE475の玄米を朝ごはんで出したところ、国産無農薬の玄米なら安心だし、すごく美味しいと、主人も子どもたちも非常に気に入った様子です。家族からも大好評でした。」

このような感想をいただけると、私たちも励みになります。いただいたお客様の声は、より美味しいお米づくり、商品展開に活かしてまいります。

 

今年は、“使い方”を考えました。RICE475が、“大人の飲む点滴”に。

お米を作って、食べる。
その他に価値を創ることができないか、私たちは考えました。

大原則のテーマは農業の“持続可能性”。
土壌を傷つけない減農薬/無農薬無化成肥料栽培で作り、収穫したお米を極力ロスなく使い切り、新たな価値を生むサイクルを作りたい。

そこで今回、私たちは、RICE475を使った“どぶろく”作りにチャレンジしました。

浅草唯一の、自社で麹が作れる醸造所「木花之醸造所」に協力をしていただき、REBIRTHPROJECTオリジナルのどぶろく「最幸級米どぶろく」が誕生しました。

木花之醸造所HP:https://konohanano-brewery.shop/

醸造長イチオシ!キレのあるリッチな味わい

どぶろくは“飲む点滴”と言われる甘酒の原料の米・米麹に アルコール分の酵母を混ぜて作ります。原料の米を精米歩合90%(白米と同等の精米率)で醸造するのが特徴で、ほぼ削らず、原料ロスを抑えることができます。

従来のどぶろくのイメージを覆すような、酸味も甘味もリッチな味わいを目指して全て麹で仕込んでいます。味わいが強く出る分、麹を若く仕上げて軽さを出し、焼酎用の白麹が出すクエン酸の酸味でキレ良く仕上がっています。

杜氏:岡住 修兵氏

 

RICE475の新展開にご期待ください!

今回のどぶろくでは、原料をロスなく最大限使い切るというテーマで取り組みました。次は“日本酒”の製造にRICE475を活用します。日本酒の醸造は、清酒する過程でどうしても“酒粕”が出てしまいます。この酒粕廃棄の課題にアプローチする新たなプロジェクトもスタートしています。

新プロジェクトについては、追ってお知らせしますので、楽しみにしていただけたらと思います。

<製品情報>
【商品名】

RICE475(ライスヨンナナゴ)

【MTERIAL】
単一原料米 新潟県南魚沼産コシヒカリ

【TYPE】
精米(10分つき白米)
玄米

【販売先】
REBIRTH PROJECT オンラインショップ:
https://rebirthproject-store.jp/?mode=grp&gid=1376691&sort=n

この記事のキーワード
この記事を読んだ人にオススメ