伊勢谷友介「”これまで”と”これから”のリバースプロジェクト」〜次につくってみたいプロダクト〜

2018年11月に10周年という節目を迎えるリバースプロジェクトの代表である伊勢谷友介が、「これまでのリバースプロジェクト」と「これからのリバースプロジェクト」について語ります。全4回に渡ってお届けいたしますのでぜひご覧にください。

  1.  継続してきた10年から見えたモノ
  2.  知るきっかけをつくるメディア
  3.  次につくってみたいプロダクト
  4.  次の10年に向けた挑戦

 


ーー10年という節目を迎えて、何かつくってみたいものなどはありますか?

ここまではリバースプロジェクトとしてのことを話しましたが、人類が地球に生き残るために伊勢谷友介個人として行ってきたことをあまり伝えられていないと思っています。点では雑誌やテレビなどを通じて紹介してきましたが、その点と点をつないで線で知ってもらいたいです。そのためにリバースプロジェクトのこと、俳優のこと、趣味・プライベートのことを含めた伊勢谷友介のスタイルブックをつくりたいと思っています。これまでの俳優人生、リバースプロジェクトの設立からこれまで、そして私服や趣味のバイクのことから使っている洗剤まで書いてみたいです。

そのスタイルブックや自身のSNSでより多くの人に認知してもらいながら、受け皿のひとつとしてこのメディアECで「未来を考えるきっかけ」を与えられたらと思っています。スタイルブックだけでは最新の情報が更新されないので、そういう情報を集約したWEBページもつくりたいですね。

 

ーースタイルブックを一緒につくってくださるパートナー企業がいてくださると嬉しいですね。

あとは例えばこういったマグや、トイレットペーパーとかゴミ袋とか日用品にも着手してみたいですね。自分の家には害獣として駆除されしまった鹿の頭骨を使ったシャンデリアがありますが、こういったものも商品展開としてできたら良いなと思っています。

あとは生活を豊かにするという意味でジュエリーはやってみたいです。ジュエリーにまつわる社会課題も結構あるじゃないですか。リバースプロジェクトらしいアプローチでその解決を目指すプロダクトを表現したいですね。

 

ーー今日つけているアクセサリーはリバースプロジェクトのオンラインショップでも販売していますね。

これは自転車をハンドメイドで制作・ビルディングされている『Rew10works』さんとのコラボレーションです。実は自転車をビルディングする上で廃棄されるパーツや、壊れてしまった工具があるということだったので、それを使って制作したんです。バングルの素材はステンレスなんですが、現代では再現できないとされているダマスカス綱の再現に挑戦をしてみました。木目のような柄が浮き上がってくるのですが、1点1点柄が違うのも面白いです。

また「在庫を積んでいくつ売るか」という方法ではなく「必要な人に必要な分だけ供給できるように完全受注生産」にしています。少しお時間はいただきますが、待つ時間もまた愛着にかわっていくのではないかと思っています。

 

ーーREBIRTH PROJECTのジュエリープロジェクトもやっていきましょう!

 

次回「次の10年に向けた挑戦」に続く >>

 

 

この記事の関連アイテム

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

この記事のキーワード
この記事を読んだ人にオススメ