KATHARINE HAMNETT LONDON 40th × REBIRTH PROJECT 10th コラボレーションスローガンTシャツ LOVE

ご好評いただきましてこちらのアイテムは完売となっております。
再生産の予定はないため予めご了承ください。キャンセルが出た場合はこちらで販売させていただきます。
また阪急うめだ本店3階のD.EDITでもお取り扱いがございますのでよろしければご覧ください。

KATHARINE HAMNETT LONDON 40th × REBIRTH PROJECT 10th

1979年にKATHARINE HAMNETT(キャサリンハムネット)はイギリスで生まれました。1983年には”CHOOSE LIFE”を始めとする反核や平和のスローガンを掲げたT-shirtsコレクションを発表し、社会へのメッセージや環境に配慮したもの作りを現代的に体現し続けているブランドです。ロンドンらしいアヴァンギャルドなデザインで世界へファッションを送り出し、アイコニックなスローガンTシャツを通じて環境や社会へメッセージを伝え、社会派デザイナーとしても幅広く活躍しています。そんな世界を代表するサスティナブルなファッションブランド、KATHARINE HAMNETTとREBIRTH PROJECTは「ETHICAL IS THE NEW BLACK」「PROPA TEE」とこれまで2度コラボレーションをしてきました。今年で40周年を迎えるKATHARINE HAMNETTと10周年を迎えるREBIRTH PROJECTが第3弾となるコラボレーションをリリースします。

 

あなたにとって「LOVE」とは?

LOVE
ALL WE ALL NEED IS LOVE, LETS BE KINDER TO EACH OTHER
EVERYONE IS CAPABLE OF AND WORTHY OF LOVE
こちらがコラボレーションをする上で最初にキャサリンハムネット自身から送られてきた「LOVE」に対するメッセージです。色々な「LOVE」のカタチがある中でキャサリンハムネット本人のこの「LOVE」に対する思いから、人種、歴史、国境、性別、年齢といった境界線とされている概念を超えた「LOVE」をコラボレーションで表現できればとREBIRTH PROJECTは考えました。これらに思いを馳せる”想像力”は動物の中でおそらく人間だけが持っている力だと思います。この”想像力”と小さな変化の集合が人間が”創造”できる未来であるとREBIRTH PROJECTは考えてきました。
10月17日は国連が定めた「貧困撲滅のための国際デー」でもあります。KATHARINE HAMNETT LONDONとREBIRTH PROJECTが考える「LOVE」をTシャツで表現をし、かつ売上の5%を世界中の難民の救済活動をしているUNHCRに寄付をする仕組みになっています。今の自分自身の環境に感謝しつつ、それぞれの役割でできることを行動するきっかけとなれば嬉しいです。

コラボ スローガンTシャツに込めたこだわり

1. 度詰めのオーガニックコットン

REBIRTH PROJECT オリジナルのオーガニックコットン生地を使用しています。原料はインドのオーガニックコットンを使用し、日本で編み立て・染色・縫製までを行なっています。26ゲージの度が詰まったしっかりとした生地で、従来の柔らかな雰囲気のオーガニックコットンとは異なる印象の生地感です。

2. 自動車のエアバッグのアップサイクル

リバースプロジェクトが2011年4月より継続して行ってきた取り組みの一つにAIRBACKというプロジェクトがあります。車が廃棄される際にほとんどの部品がリサイクルされているなかで、頑丈が故に廃棄するほかないのがエアバックとシートベルトです。人の命を守るために機能してきたもの(AIRBAG)に、命を吹き込んで市場に返すこと(BACK)を目的に商品開発などに取り組んでいるのがAIRBACKプロジェクトです。スローガンの「LOVE」をプリントではなくこのエアバッグで表現しています。AIRBACKプロジェクトのより詳細な回収洗浄・解体の様子は過去の記事をご覧ください。

3. 日本製の良さ

使用していく度にエアバッグの風合いを感じていただけるようにチェーンステッチを採用。耐久性、見た目のデザインだけではなく「この思いがチェーンのように連鎖していくように」という意味も込められています。度が詰まったしっかりとした生地やこの縫製など細かい部分が日本製だからこその良さを感じていただけると思います。

4. 貧困撲滅に向けてTシャツを通してできること

「LOVE」と聞いて皆さんはどのようなことを考えますか? 2018年、紛争や迫害により故郷を追われた人の数は7,000万人を超えました。皆さんは自分の故郷を追われるということを考えたことがあるでしょうか?幸いなことに現代の日本で難民問題を実感することはないと思いますが、同じ時代に実際に起きていることで過去70年で最悪レベルの数値だと言われています。この”想像力”と小さな変化の集合が人間が”創造”できる未来であるとREBIRTH PROJECTは考えています。今回はこのTシャツの売上の5%を世界中の難民の救済活動をしているUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に寄付します。

 

10/17は貧困撲滅のための国際デー

UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)は、国連難民高等弁務官事務所(The Office of the United Nations High Commissioner for Refugees)の略称で、1950年に設立された国連の難民支援機関です。紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決に対して働きかけています。 スイス・ジュネーブに本部を置き、約12,000人の職員が世界約135か国で約7,480万人の支援に従事しています。1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞しました。

タンザニアの難民キャンプに避難しているブルンジ難民の親子 © UNHCR/Sebastian Rich

紛争や迫害で故郷を追われた難民、避難民の避難生活は十数年に及ぶこともあります。UNHCRは、長い避難生活の間、学校に行けなくなってしまった子どもや、家族を失い社会的・経済的弱者となってしまった女性、故郷に戻れず生計を立てられなくなった人々のために教育支援・女性支援・自立支援を実施しています。   

ミャンマーから逃れ隣国のバングラデシュに避難している人々 © UNHCR/Roger Arnold

国連UNHCR協会は、UNHCRの活動を支える日本の公式支援窓口として、広報・募金活動を担っています。ぜひこちらからご覧ください。

 

キャサリンハムネットのお二人と伊勢谷友介の直筆のサイン

Tシャツはホワイト、グレー、ブラックの3色展開です。TシャツとセットでAIRBACKの巾着が付属します。また、REBIRTH PROJECT offical online shopでご購入いただきますと、漏れなくキャサリンハムネットのLionelIvanのお二人と伊勢谷友介の直筆サインが入ったAIRBACK巾着バッグをお届けします。数量限定ですのでぜひチェックしてみてください。

 

この記事の関連アイテム
▼取り扱い店舗
・REBIRTH PROJECT
・阪急うめだ本店 3階 D.EDIT
※サイン入りAIRBACK巾着は、REBIRTH PROJECT Official Online Shop 限定となります。
この記事のキーワード
この記事を読んだ人にオススメ