Yusuke ISEYA in Grasse for Maison Christian Dior

Introduction

南フランス・グラース
伊勢谷友介がクリスチャン・ディオールの歴史と今に触れ、
彼らが大切にしている香りを辿った。

Introduction

南フランス・グラース
伊勢谷友介がクリスチャン・ディオールの
歴史と今に触れ、
彼らが大切にしている香りを辿った。

第二次世界大戦中は1年ほど兵役につき、その後もアシスタント・デザイナーとして経験を積むクリスチャン・ディオール。そして1947年。彼が発表したコレクション「ニュールック」は世界を席巻し、女性の新しいスタイルを生み出していく。そしてデビューしてからわずか8ヶ月後、パルファン・クリスチャン・ディオールというフレグランスの会社を立ち上げる。当時メゾンがフレグランスの事業を行なっていくことは珍しいことでもあった。
Chapter1

History

Diorの歴史
クリスチャン・ディオールは1946年に創設されて以来、現在に至るまで多大な影響力を持ち、多くの人にインスピレーションを与え続けているブランドである。裕福な家庭で育ち教育熱心であった父親の影響もあり政治を学びながらも、芸術活動に惹かれたクリスチャン・ディオールは、父親の出資を受け現代美術を扱うギャラリーをオープンした。しかし、25歳の頃、母親と兄弟を亡くし、さらには1年間病を患った。その後はあるオートクチュール・メゾンで働くことになり、この時35歳にして初めてファッションの世界に飛び込んだ。
Chapter1

History

Diorの歴史
クリスチャン・ディオールは1946年に創設されて以来、現在に至るまで多大な影響力を持ち、多くの人にインスピレーションを与え続けているブランドである。裕福な家庭で育ち教育熱心であった父親の影響もあり政治を学びながらも、芸術活動に惹かれたクリスチャン・ディオールは、父親の出資を受け現代美術を扱うギャラリーをオープンした。しかし、25歳の頃、母親と兄弟を亡くし、さらには1年間病を患った。その後はあるオートクチュール・メゾンで働くことになり、この時35歳にして初めてファッションの世界に飛び込んだ。
第二次世界大戦中は1年ほど兵役につき、その後もアシスタント・デザイナーとして経験を積むクリスチャン・ディオール。そして1947年。彼が発表したコレクション「ニュールック」は世界を席巻し、女性の新しいスタイルを生み出していく。そしてデビューしてからわずか8ヶ月後、パルファン・クリスチャン・ディオールというフレグランスの会社を立ち上げる。当時メゾンがフレグランスの事業を行なっていくことは珍しいことでもあった。
Chapter2

Maison Christian Dior


メゾン クリスチャン ディオールについて
今回の旅ではジャスミンを育てているキャロルさんの畑を訪れた。ジャスミンは早朝に花が咲き、香りが残るうちに収穫をしなければならないため、夜が明けると同時に収穫の手伝いを行なった。1Lのエッセンスを抽出するのに約700kgの花、約700万本もの花が必要となる。また「ジャスミン」という香りのフレグランスを作るだけでもジャスミンの花以外に10以上の香りを調香する。答えのない世界の中で、調香師であり、ディオール パヒューマー クリエーターを務めるフランソワ・ドゥマシーさんを中心にフレグランスのチームが香りを生み出していく。そのため、一つのフレグランスを作ることに生産から調香まで多くの時間がかかるのである。
フレグランスにとっては原料が命。そのためには生産者と良好なパートナーシップを築き上げることが大切だ。最高のフレグランスを求めるには、有機栽培で花を栽培することも、そして生産者が集中して栽培することができる環境を作ることも重要である。花に関わらず農業は天候によって収穫高が大きく左右される。現在、クリスチャン・ディオールは7つのオーガニックファームと契約しているが、年間の収穫高に関わらず一定の金額で仕入れる専属契約を交わしている。そうすることで、生産者は安心して最高品質の花を育てることに集中できる。そうしてできあがるディオール フレグランスのひとつがこの「メゾン クリスチャン ディオール」というフレグランスコレクションだ。女性、男性関係なくその日の気分によって香りを楽しむことができる。
Chapter2

Maison
Christian Dior


メゾン クリスチャン ディオールについて
フレグランスにとっては原料が命。そのためには生産者と良好なパートナーシップを築き上げることが大切だ。最高のフレグランスを求めるには、有機栽培で花を栽培することも、そして生産者が集中して栽培することができる環境を作ることも重要である。花に関わらず農業は天候によって収穫高が大きく左右される。現在、クリスチャン・ディオールは7つのオーガニックファームと契約しているが、年間の収穫高に関わらず一定の金額で仕入れる専属契約を交わしている。そうすることで、生産者は安心して最高品質の花を育てることに集中できる。そうしてできあがるディオール フレグランスのひとつがこの「メゾン クリスチャン ディオール」というフレグランスコレクションだ。女性、男性関係なくその日の気分によって香りを楽しむことができる。
今回の旅ではジャスミンを育てているキャロルさんの畑を訪れた。ジャスミンは早朝に花が咲き、香りが残るうちに収穫をしなければならないため、夜が明けると同時に収穫の手伝いを行なった。1Lのエッセンスを抽出するのに約700kgの花、約700万本もの花が必要となる。また「ジャスミン」という香りのフレグランスを作るだけでもジャスミンの花以外に10以上の香りを調香する。答えのない世界の中で、調香師であり、ディオール パヒューマー クリエーターを務めるフランソワ・ドゥマシーさんを中心にフレグランスのチームが香りを生み出していく。そのため、一つのフレグランスを作ることに生産から調香まで多くの時間がかかるのである。
Chapter3

Monsieur DiorX Yusuke ISEYA


ムッシュディオール×伊勢谷友介
1946年、ブランドを設立した当時のクリスチャン・ディオールは42歳。この旅でフランスを訪れた時の伊勢谷も42歳であった。伊勢谷がそのことを知ったのはクリスチャン・ディオールが亡くなる前まで創作に打ち込んだ南仏にある別荘、ラ コル ノワール邸。パリから離れ創作のインスピレーションを求めるために多くの時間を過ごした場所だそうだ。各部屋ごとにディオール自身がテーマを持ってインテリアを手がけた。庭園には豊かな水や植物が咲き乱れ、私たちを迎え入れてくれた。メゾン クリスチャン ディオールの中でもお気に入りの香りが導いてくれた不思議な繋がりを感じる旅となった。言葉では表現しきれない歴史と継承される文化、そしてこの香水に携わっている人々の想いが詰まった香りをぜひ店頭で感じてみてほしい。
メゾン クリスチャン ディオールはディオール 公式オンラインブティック、メゾン クリスチャン ディオール ギンザ、ディオール パヒューム&ビューティ 表参道ブティックの他限定ブティックにて取扱中。
Chapter3

Monsieur Dior
X Yusuke ISEYA


ムッシュディオール×伊勢谷友介
1946年、ブランドを設立した当時のクリスチャン・ディオールは42歳。この旅でフランスを訪れた時の伊勢谷も42歳であった。伊勢谷がそのことを知ったのはクリスチャン・ディオールが亡くなる前まで創作に打ち込んだ南仏にある別荘、ラ コル ノワール邸。パリから離れ創作のインスピレーションを求めるために多くの時間を過ごした場所だそうだ。各部屋ごとにディオール自身がテーマを持ってインテリアを手がけた。庭園には豊かな水や植物が咲き乱れ、私たちを迎え入れてくれた。メゾン クリスチャン ディオールの中でもお気に入りの香りが導いてくれた不思議な繋がりを感じる旅となった。言葉では表現しきれない歴史と継承される文化、そしてこの香水に携わっている人々の想いが詰まった香りをぜひ店頭で感じてみてほしい。
メゾン クリスチャン ディオールはディオール 公式オンラインブティック、メゾン クリスチャン ディオール ギンザ、ディオール パヒューム&ビューティ 表参道ブティックの他限定ブティックにて取扱中。

MAISON CHRISTIAN DIOR GINZA

メゾン クリスチャン ディオール ギンザ


住所 │ 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B1F

営業時間 │ 10:30~20:30

問い合わせ先 │ 03-6280-6041

URL │ www.dior.com

MAISON CHRISTIAN DIOR GINZA

メゾン クリスチャン ディオール ギンザ


住所 │ 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B1F

営業時間 │ 10:30~20:30

問い合わせ先 │ 03-6280-6041

URL │ www.dior.com