画像:望月印刷の協力のもとなるべく環境負荷の少ない形で商品をお届けします!

望月印刷の協力のもとなるべく環境負荷の少ない形で商品をお届けします!

REBIRTH PROJECT Official Online Shopでは、
なるべく環境負荷の少ない形で商品をお客様にお届けしたいという願いから、
望月印刷株式会社の協力を得て梱包材や包装紙に 廃棄物の一部を再利用しています。


画像:アイテム1

徹底したものづくりと望月印刷の環境マネジメント

1905年東京都台東区で創業した望月印刷。
「情報加工産業の一翼を担う企業として社会に貢献する」ことを経営理念に掲げながら、
印刷を中心に、高品質なサービスと価値を提供してきました。
環境に配慮したシステムづくりにも早々に着手し、2008年にはISO14001およびFSC認証を取得。
オンデマンド印刷とオフセット印刷を使い分けるなどして、印刷の無駄を限りなく省き、
大気環境保全に優れた環境調和型インキを使用するなど、環境負荷の軽減に努めています。
また印刷物の製造に伴って発生する廃棄物の再資源化にも力を入れています。


画像:アイテム2

製造に伴って発生する廃棄物は再資源化

東京都墨田区にある工場では、いたるところでリサイクルの試みが。
廃紙は印刷されているもの、カラー紙など、4種類に分類されて再利用されています。
またアルミの板でできた刷版もほとんどが再資源化され、また版としても蘇ります。
このように印刷物の製造に伴って発生する廃棄物を再資源化することで、
本当のゴミとなる廃棄物を、1〜2%にまで軽減させることができました。


画像:アイテム3

紙を湿気から守るワンプ紙を包装紙として使用します

印刷用紙を湿気から守るために、包んであったワンプ紙。
裏面が防水加工されたこの紙は再資源しにくい素材とされていますが、リバースプロジェクトでは、
包装紙として再利用することにしました。


画像:アイテム4

裁断する際に出る用紙屑は緩衝剤にリバース

印刷物の端を裁断する際に発生する用紙屑は、まさに緩衝剤として最適!
用紙によって異なる色や質感がミックスされた面白さは、スタッフも選ぶ際に楽しんでいます。