知的障害のあるアーティストの「超ヤバい」作品をファッションにする(後編)

私、”福祉”を傘にモノ・コト・バショを編集する企画会社、株式会社ヘラルボニー、そして、福祉施設に所属するアーティストが描くアート作品をプロダクトに落とし込み、社会に提案するプロジェクト「MUKU」の代表を務める松田崇弥(マツダ・タカヤ)と申します。

前回、私が知的障害のあるアーティストが描くアート作品に興味を抱いた理由、そして、彼等の創作活動の魅力について紹介させていただきました。

前編はこちら

本連載を通じて、彼等の創作活動の魅力、そしてパワーを知っていただく機会になれば幸いです。

それでは、彼等の描く創作について、外すことのできない「アール・ブリュット」について述べたいと思います。アール・ブリュット(art brut)という言葉、福祉関係者の間では、聞き慣れた言葉であると思います。その言葉は、西洋美術を痛烈に批判した画家、ジャン・デュビュフェが生み出したものです。

既存の美術や文化潮流とは無縁の文脈によって制作された芸術作品を指す言葉で、フランス語では「生の芸術」を意味します。英語に訳すと、アウトサイダー・アートとも呼ばれています。


「アール・ブリュット=知的障害者の芸術」?


日本では知的障害のある作家による芸術活動が社会福祉に関連した施設で行われていることが多いため「アール・ブリュット=知的障害者の芸術」という考え方が蔓延している印象があります、しかし、これは大きな認識違いです。

アール・ブリュットは、精神障害者や心霊術者、刑務所ではじめて作画に取り組んだ人達の描く作品の他、プリミティブ・アートや、民族芸術等々、芸術的な教養・訓練を受けていない人が制作した生み出す衝動を背景とした芸術作品を指すのです。

つまり、「MUKU」で使用させていただいている知的障害のある方々が描くアート作品も、アール・ブリュットにカテゴライズされています。しかし、それだけが全てと思われている傾向にある日本社会において、アール・ブリュットという言葉を使うことは憚られました。よって、私たちは、一切アール・ブリュットという枠組みの呼称を使用していません。

るんびにい美術館のアーティストと記念写真

さて、それでは、私たちが専門とする知的障害のあるアーティストが描く作品の魅力について述べたいと思います。本創作活動を論じるにあたり、私は2つの考え方があると感じています。1つ目は、知的障害、健常者、というヒューマンカテゴライズは関係なく、アートを評価する上では両者共に平等である、という考え方。2つ目は、知的障害(自閉症、ダウン症など)のある方がもつ強烈なこだわりが、独創的な作品を生み出しているという考え方です。私の考え方は、圧倒的に後者です。

左から、母、兄、双子の兄弟

強烈なこだわり、“ルーティーン”が生み出す作品


私は4つ上に自閉症のある兄がいます。兄は20年間以上、日曜日の18時にはちびまる子ちゃんを観る、という自分の中のルールを持っています。土曜日はお蕎麦を食べ、日曜日のお昼はラーメンを食べる、土曜日の夜に放送されていた「ブロードキャスター」という番組が打ち切りになった時は、家族会議を開くほどに発狂していました。このように、自閉症の特徴である強烈なこだわりが、兄の生活を構成し、曜日毎のルーティーンを生み出しています。

この尋常ではないこだわりが生み出す“ルーティーン”が大きな鍵であるというのが私個人の見解です。彼等の創作表現は、繰り返し丸を描き続ける、繰り返し電車を描き続ける、繰り返し顔を描き続ける、繰り返しひらがなを描き続ける・・自分の人生観に影響を与えた事象をびっしりと敷き詰める作品が多い傾向にあると思っています。

 

るんびにい美術館 佐々木早苗

それでは、私の人生を変えることになった、るんびにい美術館(岩手県・花巻市)に所属するアーティストの方々が描いた作品をご覧いただきたいと思います。


革新、自由、そして、クレイジーな創造の世界


 

八重樫道代|おりがみ

八重樫道代さんが描き出す世界観を一言で表現すると、彼女は「ヤバイ」、相当「ヤバイ」。天才であると本気で思っています。彼女の作品に出逢うまで、全ての創造は模倣から出発すると思っていました。革新、自由、そして、クレイジー。彼女がキャンパスに創造する世界に、私達の心はインスパイアされます。


文字で表現する、通称サトル文字


 

小林覚|Let It Be

アトリエに遊びに行くと、「ウ!」と声が聞こえる。小林覚さんが私を見ながら合図を送っています、背中をポリポリと摩って欲しいのです。摩っている間、言語を超えたコミュニケーションを感じます。

全てを悟ったように優しく、なんだかもの悲しい表情を浮かべる彼は、すべての文字を独特の形にアレンジするという特徴をもっています。Let it be、林檎、葡萄、るんびにい美術館の看板・・・通称サトル文字の解読を、お愉しみください。


一つの表現への深い愛と不意の別れ


 

佐々木早苗|無題

無言でペンを走らせる佐々木早苗を見る、そこには確かに深い愛があります。彼女のボーイフレンドは創作表現かもしれない。るんびにい美術館、アートディレクター板垣さん曰く、一つの表現(絵・切り紙・刺繍など)に数か月から数年集中し、不意にその表現と別れを告げ、別の表現へ移るそうです。その期間に他の創作表現に浮気することは断じてありません、そしてなにより、どのボーイフレンドも、ちょっとクレイジーです。


独自の幾何学パターン


 

八重樫季良|無題

2Fのアトリエから降りて来た八重樫季良さん、僕を見るなりニコニコと近寄って来てくれました。そして、突如として腕を組まれます。理由は簡単、自らが描く作品の蝶ネクタイを、私が身に付けていたから。自身のアート作品がプロダクト化されることに興味を示さないアーティストが多い中、彼は毎日のように「ネクタイはまだ?」と質問を繰り返していたと言います。

佐々木早苗さんが描いた作品のネクタイを締めていた双子の兄弟を見ると、ライバル心たっぷりに「かっこ悪い」と批判していたのが印象的です。

さて、アート鑑賞はいかがでしたでしょうか?

 


表現活動をカテゴライズ化する必要はない


 

今、障害者の芸術活動を支援する動きが日本国内で高まっています。今年の6月には「障害者文化芸術活動推進法」が衆院本会議で可決、成立しました。

この法案が成立したことで、国や自治体は文化施設のバリアフリー化など鑑賞機会の拡大や公共施設での発表機会の確保、制作環境の整備などに取り組むことになります。

これを追い風ととるか、向かい風ととるか。アール・ブリュット、アウトサイダーアート、エイブルアート等々、様々なしがらみ、政治的活動もありながら、多くのカテゴライズが存在しています。彼等の表現活動を何と表現するべきなのか?福祉業界内では、多くの議論が巻き起こっています。私が声を大にして言いたいのは、呼称・枠組に固執する必要は全くないということ。どうカテゴライズ化することをクローズドな現場で議論することに意味はなく、まずは、強烈なアイデンティティが溢れる「表現」の魅力を広く訴求する必要があるハズです。

本活動を推進して約1年半、福祉関係をのぞく一般の方に「知的障害のあるアーティストが描く芸術活動の魅力」は全く浸透していない印象があります。本現状を考慮すると、今回の法案の可決は大きな追い風になると信じていますし、私たちの活動でも上手く利用して行きたいと思っています。

 

最後に、MUKUはREBIRTH PROJECT、渋谷でくらし・はたらく障がいのある人の描いた文字や数字を、渋谷でまなぶ学生がフォントとしてデザインしたパブリックデータ「シブヤフォント」とコラボレーションし、T-shirtsを制作しました。最高にイケています、7月15日(日)〜8月19日(日)までの約1ヶ月間の限定展開になりますので、ぜひこちらからご覧ください。

※こちらの「REBIRTH PROJECT  × シブヤフォント ×MUKU」T-shirtsシリーズは完全受注生産になりますので期間中にご予約ください。

 

 

松田 崇弥

1991年5月8日生まれ。岩手県出身。双子の弟。東北芸術工科大学 企画構想学科卒。小山薫堂率いる企画会社、オレンジ・アンド・パートナーズのプランナーを経て独立。ボーダーのカノウセイを追求する企画・編集チーム、株式会社ヘラルボニー、代表取締役社長。福祉施設に所属するアーティストの作品をプロダクト化するプロジェクト、MUKUの代表を務める。

@muku_takaya

◆ MUKU Official Web
◆ MUKU Official Facebook
◆ MUKU Official Twitter
◆ MUKU Official Instagram
◆ Mail muku.official@gmail.com

この記事のキーワード
この記事を読んだ人にオススメ