みなさんとリバースプロジェクトができること 〜西日本豪雨復興支援〜

2018年7月5日から発生した西日本豪雨により被害を受けた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

リバースプロジェクトのグループ会社である株式会社リバースプロジェクトトレーディングも四国・愛媛県をベースに「これからのあるべき地域商社」を目指して、地域資源の掘り起こしから、出口戦略立案までを一貫して行い地域に根ざして活動しています。その愛媛県においても27名もの尊い命が亡くなり、住家の被災は5,000棟以上、浸水が引いた後もなお、その爪痕が残っています。

リバースプロジェクトトレーディングの事業のひとつに新たな養蚕業を創る「愛媛シルクプロジェクト」があります。その蚕を育てるための桑畑も今回の豪雨により大きな被害を受け養蚕農家さんの被害状況も深刻です。繭の収穫目前に養蚕場が浸水し、お蚕さんは全滅してしまいました。

東京に本社を置くリバースプロジェクトからも伊勢谷、亀石両代表をはじめ現地に訪れ復旧のサポートをさせていただきました。

そして西日本豪雨が発生し2ヶ月が過ぎ、9/5~9/11には特に被害が大きかった愛媛、広島、岡山県の地域産品を販売することで、経済的復興支援につなげることを目的に新宿の小田急百貨店で復興フェアを行いました。被災地の事業者が12ブース出展し、フェアの売上の一部を義援金として被災地に寄付するほか、会場に義援金ボックスを設置し支援を募りました。

オンラインショップでも本日9/14より復興支援につながる商品を販売いたします。

この豪雨で136年の歴史が泥と化してしまった明治15年創業の旭醤油醸造所があります。保管していた在庫や原材料などが被害を受けたほか、醤油の製造に使う「たる」や冷蔵庫やボイラーなどの機械設備も使えなくなってしまいました。断水によりなかなか作業が進まないような状況が続き、今でも家の中の限られた空間で生活しているそうです。

4代目の中川賢治さんのご両親の作ったブラッドオレンジジュースは直接的な被害を間逃れました。少しでも復興の支援につながるよう、そのオレンジジュースをリバースプロジェクトのオンラインショップで販売します。(※完売いたしました。ご支援いただきました皆さまありがとうございました。2018/9/21)

※こちらの商品は販売価格で株式会社リバースプロジェクトストアが仕入れているため、皆様のお買い求めいただいた金額が全てこちらの旭合名会社へ送金されます(お客様自身の送料や振込手数料を除く)。

復興にはまだまだ時間がかかります。被災地の現状にあらためて目を向けるきっかけになれば幸いです。リバースプロジェクトとしてできることを今後も行っていきますので、皆様のご支援をお待ちしております。

この記事の関連アイテム
この記事のキーワード
この記事を読んだ人にオススメ